繁華街が賑わう

オフィスビル

静岡県は中部地方に位置し、広大な面積を誇り富士川と大井川で3つの地域に分けられています。
浜松市を中心とした西部地区、静岡市を中心とした中部地区、伊豆や御殿場などのある東部地区です。
それぞれの地域には、様々な行事があり、地元の人に愛され観光客など訪れるものもあります。
様々な地域で行われているのがうめ、桜の開花に合わせて様々な行事が行われています。
そのほかにも節分も行われています。
ゴールデンウイークには、浜松で、浜松祭りがあり、大凧揚げ、屋台引き回しなどがあり、県外からも多くの方が来られています。
他にも夏になると様々な地域で花火大会があります。
冬は、静岡市や浜松市を中心としてイルミネーションが点灯します。
また、歴史ある地域の祭りなども多くあり、国、県の指定文化財となっているものも多くあります。

静岡県は、登呂遺跡や三ヶ日原人がいたことに象徴されるように、石器時代や縄文時代から太平洋沿いには様々な人たちが住み生活していました。
その後、武士の時代になり、今川氏や北条氏が統治していましたが、江戸時代前から徳川家康が収め、その後、東海道として栄えて多くの宿場町ができ、栄えていました。
明治になり駿府に伊豆、浜松が加わり静岡県となりました。
戦後の高度成長時代により、東京、大坂のアクセスの良さ、東名高速道路、東海道新幹線の開通により、海側には、多くの電気、製紙、食品、製薬、化粧品メーカーの工場が多く建てられ、日本の経済発展を支えています。
現在では、多くの商業施設も相次いでオープンし人々の生活を支えています。